ここにも使える!

スズキ超音波製品ご利用事例

超音波ホッチキス

超音波ホッチキス「はるる」AUH30を使って市販の食品用ラップフィルムを溶着してみました。

対象素材 食品用ラップ(PVDC:ポリ塩化ビニリデン)
使用機器 超音波ホッチキス【はるる AUH30】

超音波ホッチキス「はるる」AUH30は薄い素材から比較的厚い素材(2mm)まで溶着することが可能ですが、家庭の台所で使用する市販の食品用ラップフィルム(ポリ塩化ビニリデン PVDC)約0.01mmを重ねて溶着してみました。 ライン(連続)溶着とするため、ここではオプションのチップ ROを使用しています。

ラップフィルムは手に張り付いたり破れたりし易いため、あらかじめ両端に鉛筆を巻き付け、検証時に剥がし易くしてあります。また、ロープは空間を確保する為に用いたものです。

ラップフィルムはメーカーによりポリエチレン(PE)やポリ塩化ビニル(PVC)などさまざまな素材が使われていますのでご利用の際には下記リンクより、サンプル素材を送付いただく「サンプルテスト」や「デモ機」等を利用したテストを行い確認いただくのが早道です。

サンプル素材検証テストを依頼する スズキ超音波ホッチキスのデモ機貸出し申込み

ご利用事例TOPへ戻る 超音波ホッチキス事例一覧を見る

page top

Copyright (C) SUZUKI MARINE CORPORATION. All Rights Reserved.