ここにも使える!

スズキ超音波製品ご利用事例

小型超音波溶着機

厚紙を挟んだブリスターパックを小型超音波溶着機「AUH30CW」を使用し封をしました。

厚紙を挟んだブリスターパックを小型超音波溶着機「AUH30CW」を使用し封をしました。
対象素材 ブリスターパック + 0.5mm厚紙
使用機器 小型超音波溶着機【AUH30CW】

家電店やDIY店など壁一面に展示されたブリスターパックに入った商品をよく見かけますが超音波溶着はこんな使い方も可能です。

当社小型超音波溶着機「AUH30CW」の取り扱い説明書に記載されている使用例です。

torisetsu_pu.jpg

上図は、熱可塑性樹脂(例えばポリプロピレン:PP)の間に紙を挟む形のブリスターパックの溶着を意味しており、

使用例では以下のようになります。

今回は0.5mm厚の白い紙を使いましたが、実際には商品名や商品イメージが描かれたものです。

ブリスターパックは隅が折り返されており、その間に紙を挟む形で挿入します。
bs_m600_340.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブリスターパックに商品を入れ、そのままで陳列する場合もありますが、1箇所でも事務用ホッチキスや溶着で留めておくことで

中身の抜け落ち防止や不慮の開封など不正防止等に役立てる事ができます。

小型超音波溶着機を使用すると針などの混入も無く、安全に止める事が出来る上、消費する電気代は事務用ホッチキスの針より

安価となります。もちろん予熱の必要も無くスイッチを入れれば即使用可能です。

〇 溶着方法

 ・ 用意したホーンはアルミ製で先端径Φ2mm - Φ2.5mmのコンテナBOX溶着用の物(途中の段差は使用していません)

 ・ ブリスターパックの周辺部(折り返しのある部分)にハンドピース(握り部分)を配置します。

 ・ 敷板はアルミプレートを使用

bs_h2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〇 動画を撮影してみました。 (溶着時間は約0.8秒です。樹脂・紙が薄ければさらに早くなります。)

 

 bs_lamp.jpg

 

動画では一瞬ですが発振中にランプが点灯します。

 

 

 

 

 

 

〇 溶着個所拡大

左から、表面 、裏面 、横から見た様子

bg.jpg

 

 

 

 

 

 

〇 注意する点

 ・ 素材及びホーン、敷板等により溶着時間、仕上がり状態は変化します。

 ・ 今回使用したホーンは他溶着用のホーンを流用した物であり通常は単純なテーパー形状で可能です。

〇 使用した機器の小売価格

 ・ 小型超音波溶着機 AUH30CW一式 168,000円 + 特殊ホーン(別売) (消費税別)

   (通常 小型超音波溶着機 AUH30CWには標準ホーンが付属しています。)

 

※ お問合せは、スズキマリン 産業機器課 053-440-2306 まで

  無料デモ機、サンプルテスト等のご依頼は下記リンクよりお進みください。

 

サンプル素材検証テストを依頼する スズキ小型超音波溶着機のデモ機貸出し申込み

ご利用事例TOPへ戻る 小型超音波溶着機事例一覧を見る

page top

Copyright (C) SUZUKI MARINE CORPORATION. All Rights Reserved.